データsim使ってます

今まで某携帯会社のスマホを使っていました。でも、料金を少しでも安くしたいと思い、その会社の料金プランをいろいろと調べてみましたがほとんど値段が変わらないことが分かりました。とにかく私にとってネックになったのは、通話料でした。

最近はどこの会社の通話料も固定電話、携帯電話ともに無料になりますが2700円と横並びで、そこまで電話をしない私にとっては高すぎます。

ただ、電話番号とメールアドレスの変更は今すぐには難しかったので、データ専用simを使うことにしました。私が使っているのが「OCN」のものです。自宅にフレッツ光を引くことにしたので、プロバイダをOCNのすると200円の割り引きがきいて、税抜きで700円で2GBの高速通信ができます。

以前使っていたスマホがsimフリー対応の機種だったのでそのまま使うことができます。結果的にスマホの2台持ちで、ひとつは通話とデータ通信、もうひとつはデータ通信用です。合わせて4GB使えて、7500円ともろもろのセキュリティや機種代です。

OCNのデータ通信に関しては全く問題を感じません。速さもしっかり出ているので快適です。自宅内で使っていてもストレスを感じません。

今後はMNPで音声simに乗り換えて使っていこうと思っています。

格安SIMでスマホ通信費削減

NTTコミュニケーションンズのモバイルONEのSIMカードを購入しました。

ネットで手軽に申込みできるのが良いです。電話で問い合わせるのが好きではないので、自分でできるサービスが良いので。

WEB上に詳しいサービスの内容や申込み手続き方法が載っているので、ネットに詳しくなくても大丈夫でした。

10月から通信量が増えたようで、一番安いコースですと、1日70Mで月々約千円の利用料金です。

スマホでネットを使う機会が少ない自分にとっては、携帯電話会社の数千円もするデータプランは必要ないので、大幅に通信料を削減できることになります。

速度もLTE対応なので速いですし、ドコモのエリアであれば電波が届くので、基本的に不自由することはなさそうです。

デメリットをあげるなら、携帯電話の番号を使って電話をかけることができないくらいでしょうか。
私はあまり電話もしないので、特に問題はないのですが、携帯電話会社の通話プランは残しておいて、必要に応じSIMをさしかえるつもりです。

050plusというアプリを使えば、ネットを通じた通話もできるようです。
050から始まる番号を持つことになるようです。

通信容量が足りなければコース変更や追加もすべてweb上かアプリからできるので、なんとかなりそうです。
しばらく使ってみようと思っています。ちなみに色々比較したい方は格安SIMおすすめを見てください。

SIMカードデビュー

今年は我が家に大きな変化がありました。インターネットが開通したのをきっかけに携帯のネット料金の削減が出来ないかと思ったのです。スマホにSIMカードを使ってネットすると外出先でもネットができるとのこと。

早速SIMフリーのスマホを購入して、SIMカードは人気のあるOCNのモバイルONEを使いました。SIMカードを扱う会社は色々ありますが、このOCNを使った理由は使用量の制限が一日単位だということ。

SIMカードはある一定の使用量を超えると速度が遅くなるようになっています。一か月単位の使用量だと、元の速度に戻すには一か月後になってしまいますが、OCNは一日で元の速度に戻るのです。一日単位なら使い過ぎても安心です。

SIMカードはなんと言っても安い。月額1000円程度でネットが楽しめます。そんなSIMカードですが大容量のデータ通信には向きません。具体的には外で動画などを見たい方です。ではどんな人にむいているのか。自宅にネット環境があり、外では大容量のデータ通信を必要としない方です。容量の大きいスマホの更新やダウンロードは自宅のネット環境で行います。

私の場合通話は携帯専用ですが、有料アプリを使えばSIMカードのスマホでも通話が可能です。大手携帯会社のスマホ料金を考えるとお得なことがよくわかると思います。SIMカードをうまく使って節約できるといいですね。

私のSIM体験記

IJのIIJmioを利用しています。

Androidスマートフォンをdocomoで利用していましたが、パケット定額の通信費が私にとってはとても高い気がしていていました。
スマホで動画サイトはほとんど見ませんし、見ても家庭のwi-fiに接続していますので、それほど速度が求められないと思ったからです。

実際1000円程度のエントリープランで半年近く運用してみて全く問題ないことがわかりました。
これだけで通信費が4000円程度は節約できましたからとても大きな成果だと思いました。

家族にも同社のサービスを勧め今ではファミリープランに加入しています。
ITに疎い家族は最初は半信半疑でしたが、今では大助かりだと喜んでおります。

だいたい20年前まではなかったインターネットの通信費という概念がどんどん肥大し、パケット定額では一人当たり月5000円というような時代にいつの間にかなっていました。あらゆる商品はデフレの過当競争でどんどん値下がりしていったにもかかわらずです。

格安SIMとはいいますが、一昔前に戻って考えてみればむしろ妥当な値段なのではないかと思ってみたりします。もちろんITによる多大な恩恵を受ける時代になったのですが、それでも水や電気などと比較するとインフラとしての地位は低いはずです。

IIJについては、格安SIMの業界の中でも他社サービスに必ず対抗してくれるイメージがあるのでこれからも期待しています。

月額490円でスマホを運用しています

私はいわゆる携帯キャリア(ドコモとかAUとかソフトバンクなどの回線会社)と契約していません。

元々昔は携帯キャリアと契約して普通に携帯電話を使っていたのですが、複雑で不透明な料金体系や割引き、端末代も含めて払う月賦、端末代を払い終わる二年以内の解約、端末の変更は違約金が発生したりというのに嫌気が差していました。

そんなわけで、私の携帯は着信専用みたいになっていたので、プリペイド携帯に大分前に変更したのですが、これもやっぱり不満がありまして…。チャージがゼロ円になる度にチャージしなければいけませんし、チャージがゼロ円にならなくても三ヶ月たてば発信は出来なくなってしまいます。要は最低月千円掛かっていて、尚且つ通話出来る時間はごく短い物でした。

そんなことをしているうちにネットの情報で格安SIMの情報を見付け、DTIの格安SIMと契約しました。

DTIは業界最安値の490円です。最大150kbpsの速度制限ですが、通信量制限も追加課金もないので、料金を気にすることなく使えて、そういう面で精神的に楽です。どんなに使ってもこれ以上は払うお金は増えませんからね。

通話は050サービスのFUSIONを使用しており、こちらは月額ゼロ円で、通話した分だけ支払うシステムなので、現在月額490円でスマホを運用出来ています。

DTIは昼間の混雑時に30kbpsなんて目を疑う数値になることもありますが、それでも今のところ050通話やメール等の文字のやり取りが出来なかったという経験はないので、この値段ですから満足しています。